生活保護申請はハードルが高いと感じたら代行業者にまずは相談

生活保護

CONTENTS

生活保護申請をする流れについて

芝生と家族

何らかの理由からお金を得ることができず、生活するのに困る事態に陥った際には、生活保護申請をしましょう。生活保護とは国が定める制度で、申請者の困窮の度合いに応じて、健康で文化的な最低限度の生活が送れるように支援し、自立を助けることを目的とした制度です。生活保護を受けたいと思った時には、まずは現在住んでいる地域を管轄している福祉事務所で相談することをオススメします。福祉事務所がない町村部などでは、町村役場でも生活保護申請ができるところもありますので、福祉事務所が分からない場合には役場に問い合わせると良いでしょう。
福祉事務所では生活保護制度についての説明を行うとともに、その申請も受け付けています。生活保護申請を受けた福祉事務所は保護決定のために家庭訪問や、保有資産などの調査を実施します。調査の上で保護費をどれだけ支給するかを決定していきます。
生活保護を申請する際には特別な書類は必要ありません。ただ、申請後の調査の際に資産状況を確認するために通帳や給与明細などを確認する場合があるので、きちんと準備をしておきましょう。生活保護を受けることは恥ずかしいことではありません。健康で文化的な生活を保つために必要な制度です。

PICK UP

TOP